初級 在宅医療事務認定士®講座

初級 在宅医療事務認定士®講座モバイル

在宅医療のレセプト作成、関係各所との連携が取れる在宅医療事務認定士を目指しませんか?

在宅医療こそ、診療報酬はしくみを知って算定を行う必要があります。

在宅医療とは、患者さんをクリニックで待つ医療ではなく、患者さんの自宅や施設に医師が出向いて行う医療です。これから、もっともっと高齢者が増えることは間違いありません。クリニックだけでなく、歯科・訪問マッサージ・訪問美容・訪問看護・訪問介護など患者さんや利用者さんを待つのではなく出向くことが高齢化社会を支えていきます。

そこで、在宅医療事務としては何ができるのでしょう?
まずは、診療報酬にかかわりレセプトを作成できるようになることです。。

在宅医療に取り組みたいと考える先生方も少なくありません。でも、診療報酬が複雑なので、なかなか一歩が踏む出せないのが現実です。そんな時、医療事務・受付の方が、レセプトの知識があれば、先生は心強いはずです!何よりも、患者さんにとって最善の医療が提供できるんですから。

確かに在宅医療は、施設基準もあり算定方法が複雑です。でも、基礎をしっかり学んでいれば、大丈夫!そして、在宅医療は、クリニックでの外来診療のように、スピードは要求されません。その理由は、後日や1か月まとめてお会計を行う事が多いからです。つまり、まとめ入力です。なので、仕組みさえ知っていれば、怖くありません!

この講座を受けると

  • 往診料と訪問診療の違いがわかります。
  • 在宅時医学総合管理料が学べます。
  • 指示書とは何か、いつどんなときに書くべきかがわかります。
  • 患者さんの一部負担請求の方法が知れます
  • 医療保険と介護保険の違いがわかります。

在宅医療に関わるレセプトの知識が身につき、在宅医療をスムーズに取り入れることができます。

この講座の試験に合格すると、初級在宅医療事務認定士®の資格が取得できます。

在宅医療事務認定士

クリニックの在宅医療・訪問診療をサポートする事務スタッフとして、レセプト請求・関連各所との連携など、在宅医療事務として求められる基礎能力を備えている能力を証明する資格です。

講座終了後、初級在宅医療事務認定士®認定テストを受験頂きます。

『診療所事務職のための外来レセプトLesson』
『診療所事務職のための在宅レセプトLesson』
 の著者、神原充代が直接指導いたします。

講座日程

初級 在宅医療事務認定士® 講座

日程:2024年2月18日 13:00~17:00
日曜1日コース通学&オンライン

詳細はこちら

日程:2024年3月17日 13:00~17:00
日曜1日コース通学&オンライン

詳細はこちら

 

個別講座開催も可能

初級在宅医療事務認定士講座を4名様以上のお申込みであれば法人(クリニック)様個別にて講座を開講することも可能です。(zoomまたは、弊社セミナールームにて開催)

その場合、法人(クリニック)様に合わせた内容で講座できますので大変ご好評いただいております。

4名様以上の法人(クリニック)様で講座をご希望の場合は、お問い合わせフォームより人数、希望日程(いくつか)等を明記の上、お申込みください。折り返しお見積を出させて頂きます。

 

初級 在宅医療事務認定士®講座内容

1時間目 訪問診療を始めるにあたっての考え方
(同意書・計画書・施設基準)
2時間目 訪問診療と往診料の違い
3時間目 在宅時医学総合管理料と施設入居時等医学管理料とは
4時間目 訪問看護指示書

初級 在宅医療事務認定士® 講座詳細

学習方法 動画または通学
受講時間 4時間
受講料 お一人44,000円(税込)
※初級在宅医療事務認定士®認定テストの受験料も含む
※お支払いは、クレジットカード(Paypal利用)、銀行振込に対応しています。
講座を受けるための条件 在宅医療事務を目指すなら、診療報酬の基礎が身についていることが必要です。
医療事務基礎テストに合格していることが条件となります。

オンラインで受講できる医療事務基礎テスト
再受講について 不合格の場合は、33,000円(税込)で再受講が可能です。

使用教材 診療所事務職のための在宅レセプトレッスン

著者:神原充代
発行所:メディカ出版
2,750円(税込)

別途ご購入が必要です。

お申し込みはこちらから

 

初級 在宅医療事務認定士® 認定テスト

講座終了後に資格試験を受験していただきます。

クリニックの在宅医療・訪問診療をサポートする事務スタッフとして、レセプト請求・関連各所との連携など、在宅医療事務として求められる基礎能力を備えていることを証明する資格です。

初級在宅医療事務認定士®

試験内容

受験資格 初級 在宅医療事務認定士®講座受講者
合格者へ付与する称号 初級 在宅医療事務認定士®
試験内容と時間 筆記試験 50問
試験実施回数 年6回 
試験実施形態 在宅試験
申込後~受験まで 1.講座受講後、郵送にて試験問題・解答用紙が到着する。
2.提出期限までに試験問題・解答用紙を返送用封筒に入れ簡易書留などで返送する。
受験料 初級 在宅医療事務認定士®講座に含まれる。
合格基準 得点率が70%以上に達した者

講座日程

初級 在宅医療事務認定士® 講座

日程:2024年2月18日 13:00~17:00
日曜1日コース通学&オンライン

詳細はこちら

日程:2024年3月17日 13:00~17:00
日曜1日コース通学&オンライン

詳細はこちら

 

初級在宅医療事務講座に参加くださった方の感想

改めて算定の解釈を確認することが出来ました

在宅の実務的な話が聞けて、改めて算定の解釈を確認することが出来ました。外来での算定経験も生かせる様、今後も技能向上に努めるよう注力したいと思います。とても興味深いお話が多くとても有意義な講義を受講でき、楽しくあっという間の時間でした。本当にためになるお話、ありがとうございました。今後の業務に生かせる様、尽力していきます。

 

 

必要な考え方等もご指導いただき視野が広がりました

快活な先生のお話に引き込まれ、あっという間に過ぎました。点数の理解だけではなく、必要な考え方等もご指導いただき視野が広がりました。個々のレベルを理解し、疑問点、つまっている点を、即拾い上げてわかりやすく説明していただけたのが有難かったです。ありがとうございました。

 

貴重な経験をさせていただきましてありがとうございました

この度は、普段なかなか聞く事が出来ない、現場で算定されているからこそ出てくる考え方や疑問点に神原先生の経験を交えながら、また複雑な算定方法についても、パズルのような組み立て式で、分かりやすく丁寧に説明していただき、貴重な経験をさせていただきましてありがとうございました。この経験をいかして、今後、携わっていく仕事にいかしていきたいと思います。

 

先生や他の方たちの意見などを聞けて良かったです

今回初めてzoomでの講座を受講させて頂きましたが、先生や他の方たちの意見などを聞けて良かったです。点数表やテキストで学んだ事が実際どのように運用されているのかが分かりとても参考になりました。ありがとうございました。

 

この講座を受ければ

在宅医療事務としてもっと前向きに取り組む事ができる様になります。
そして、患者さんに取ってベストの医療が提供できます
何よりも、スムーズにレセプトが作れます!

在宅医療を

・始めたいけど一歩踏み出せない。
・始めたけど、ほんとうにあってるの?
・もっと算定できるもの無いの?

と悩んでいる方はぜひ、講座に参加してみませんか?
参加すれば、確実に算定を行い無駄のない診療を行なっていただけるようになります。是非、在宅医療に関わる診療報酬身につけてください。医療事務として働く方は、在宅医療を身に着けていれば、これからきっと活躍する場が増えます!
クリニックでのあなたのポジションは上がります!

上級 在宅医療事務認定士® 認定の資格を取得するには、こちらの初級 在宅医療事務認定士®の資格取得が必要です。

講座日程

初級 在宅医療事務認定士® 講座

日程:2024年2月18日 13:00~17:00
日曜1日コース通学&オンライン

詳細はこちら

日程:2024年3月17日 13:00~17:00
日曜1日コース通学&オンライン

詳細はこちら

 

無料説明会

医療事務に役立つメールマガジン