上級 在宅医療事務認定士®講座

上級 在宅医療事務認定士®講座

在宅医療事務として働くために必須の資格はありませんが、専門性の高い仕事のため関連した資格を取得しておくことはとても有効です。

この講座を受けると

  • 在宅医療に関わる診療報酬の応用が身につきます。
  • 同意書や意見書等の書類作成ができるようになります。
  • 訪問看護ステーション・保険薬局など関係各所との連携が取れます。
  • 患者さんへの一部負担金請求に関わる業務が分かります。
  • 在宅医療を行うクリニックで即戦力として活躍できます!

診療報酬算定は、決まった点数がありますが、クリニックの考え方などで臨機応変な対応が求められます。

点数を覚えるのではなく、意味・仕組みを知ることで、クリニックに沿った業務が行えます。

この講座の試験に合格すると、上級在宅医療事務認定士®の資格が取得できます。

診療報酬の中でも訪問診療と関わりの多い指導管理料・同意書を理解し、医師の右腕となり訪問診療をサポートできる能力を身につけている事を証明する資格です。

講座終了後、上級在宅医療事務認定士®認定テストを受験頂きます。

在宅医療事務認定士

講座の特徴

ポイント1

現場に必要な項目に沿って学習
診療報酬(レセプト)を中心に現場での実務に直結する(即戦力になれる)カリキュラム構成。

ポイント2

少人数制できめ細やかな指導
特徴は少人数できめ細やかな指導が行われるので、安心して質疑応答を交えながら学習出来ます。

ポイント3

現場経験のある講師から学べるスキル
実戦で使える知識をクリニックの現場で働く講師陣が指導。現場の実話を交えつつ教えてくれるのでわかりやすく・覚えやすい!

ポイント4

医師のサポート役となるスキルを習得
診療報酬だけではなく、書類作成・医療費請求・公費制度などを学ぶことで医師の右腕となる在宅医療事務を目指します。

ポイント5

集中できる環境で学べる
通学だから、同じ思いの仲間と短期間で集中して学べます。
医療事務でも、在宅医療・訪問診療の診療報酬(レセプト)の分野に特化して学習。診療報酬・レセプトだけではなく、医師の事務負担を軽減するために必要な業務を習得。

上級 在宅医療事務認定士®講座の風景

医療事務でも、在宅医療・訪問診療の診療報酬(レセプト)の分野に特化して学習。

診療報酬・レセプトだけではなく、医師の事務負担を軽減するために必要な業務を習得。

こんな方におすすめ

  • 在宅医療事務としてクリニックに貢献したい方。
  • 在宅医療を中心に行うクリニックにお勤めの方。
  • 医療事務としてスキルアップのため資格取得をめざす方。
  • 在宅医療事務としてこれから再就職を目指す方。

講座内容

1,2時間目 在宅医療とは、施設基準
3,4時間目 訪問診療料・往診料
5,6時間目 在宅時医学総合管理料・施設入居時等総合診療料
7,8時間目 指導管理料
9,10時間目 処置など
11,12時間目 検査など
13,14時間目 在宅に必要な書類
15,16時間目 連携に必要な書類
17,18時間目 介護保険との関連
19,20時間目 医療保険制度

上級在宅医療事務認定士® 講座詳細

学習方法 通学
受講時間 20時間
受講料 お一人117,700円(税込)
※上級在宅医療事務認定士®認定テストの受験料も含む
※お支払いは、クレジットカード(Paypal利用)、銀行振込に対応しています。
講座を受けるための条件

上級在宅医療事務認定士®を目指すなら、在宅医療の基礎が身についていることが必要です。
初級在宅医療事務認定テストに合格していることが条件となります。

初級在宅医療事務認定士®講座

使用テキスト

在宅レセプトレッスン

1、診療所事務職のための在宅レセプトレッスン / メディカ出版 2,750円

2、診療所外来点数マニュアル2020 / じほう 3,740円

事前にご準備頂くか、講座初日にお買い求めください。

上級 在宅医療事務認定士®

講座終了後に資格取得を目指します資格
診療報酬の中でも訪問診療と関わりの多い指導管理料・同意書を理解し、医師の右腕となり訪問診療をサポートできる能力を身につけている事を証明する資格です。

上級在宅医療事務講座に参加くださった方の感想

通う毎に何かが繋がり、軽くなっていきました。

“他のクリニックの方とお話してみたい”“わからなくて苦しいのを何とかしたい”という目的のもと、受講しました。
終えてみて、その目的が果たされたと感じ、本当に受講してよかったと思います。
一緒に受講したみなさんそれぞれ、経験年数や立場、働いている科も違いましたので、
先生が1人1人に合わせて講座を進めておられた事が、印象に残っています。
誰かが少しでも「?」となっているとすぐに気付いてその「?」についての説明を丁寧にして下さり、それからその先にすすめて下さって、“置いていかれない”安心感がありました。
言葉だけでわかりにくいようなものは、実物やその写真を見せて下さったので、吸収しやすかったと思います。また、他のクリニックの方とお話させていただいた事で、自分のクリニックを違う視点で見る事ができた事もとても大きな収穫でした。私の場合は通う毎に何かが繋がり、軽くなっていきました。
神原先生、一緒に受講して下さったみなさん、本当にありがとうございました。

日に日に在宅講座に参加して良かったと思っています。

丸1日を3回、正直行く前は、長時間きついなぁと思いました。でも、職場内での在宅医療の算定について、わからないままモヤモヤしている事や、患者様に対しての説明が不充分な場面、誰もそこから理解を深める様子もないのを思いめぐると、この講座は絶対行くべき!!と思いながら通いました。
神原先生の行き届いた指導や体験談、一緒に参加した生徒さんの話を聞いて、わからないままの事が1つ1つ消化し、すっきりしていきました。
在宅以外でも、今まで正しいと思っていた算定内容が間違っていた事にも気付かせて頂く場面もありました。教えて頂いた事を、職場に伝えたり、変更する事もあったりで、大変な事もありましたが、先生やスタッフにお礼を言ってもらえたり、頼りにされる事もあり、日に日に在宅講座に参加して良かったと思っています。ご指導頂ける場を与えて下さり、ありがとうございました。

なぞの部分がようやく解りました

訪問看護指示書をなんとなく作成、言われるがままにしていましたがそうでなはかった!て事、大まかでしか解っていなかった部分がなぞの部分がようやく解りました。
スタートチェック法や申込書をもう少し工夫してみようと思いました。
今回初めての参加で、最初は色々と悩みました。
在宅でのセミナーがなかなかなく、本当に毎日が大変です。
この講座で知りえた事、大変、よかったです。
貴重なお時間をくださりありがとうございました。

この講座を受ければ

  • 即戦力となる在宅医療事務になれます。
  • 患者さん・医師・関係各所との橋渡しができる事務スタッフになれます。
  • 医師の右腕となるかけがえのない人材になれます。
  • 在宅医療事務認定士の資格を手に再就職が目指せます。

上級 在宅医療事務認定士®講座

開催日程は未定です。

開催日程が決まり次第メルマガでご案内します。

医療事務に役立つメールマガジン