よくあるご質問

Q

在宅医療事務とはどんな仕事ですか?

A

在宅医療を行うクリニックでの事務業務です。レセプト作成はもちろん書類作成、会計業務を行います。働くクリニックで業務内容は様々です。

Q

在宅医療事務認定士®講座ではどんなことを学びますか?

A

在宅医療・訪問診療に関わる診療報酬・レセプト、事務業務を学びます。

Q

在宅医療事務のニーズはありますか?

A

在宅医療に取り組むクリニックは、急増中です。ですが、診療報酬が複雑なため、在宅医療に踏み切れない院長先生もいらっしゃいます。そこで、力を発揮できるのが在宅医療事務です。

Q

在宅医療事務講座は難しそうで、学習についていけるかが不安なのですが、大丈夫でしょうか?

A

確かに在宅医療事務は、医療事務の基礎知識が必要になります。外来の診療報酬の勉強をされていればスムーズに取り組めます。

Q

認定試験は難しいですか?

A

在宅医療事務の試験は、解答を導き出すための情報をいかに早く見つけ出すかが重要であり、テキストも持ち込み可能ですのでご安心ください。

Q

医療事務基礎テストの合格していないと、初級在宅医療事務認定士講座は受講できませんか?

A

はい。在宅医療の診療報酬は、外来レセプトの考えの応用が必要ですので、まずは診療報酬の基礎が身についているか確認いただきます。

Q

いずれは在宅医療事務認定士®の資格を取りたいですが、ハローワーク医療事務講座を受けている途中です。何から始めればいいですか?

A

ハローワークの講座終了後、医療事務基礎テストを受験下さい。それに合格すれば、初級在宅医療事務認定士®講座の受講が可能です。

Q

とりあえず在宅医療のレセプトが学びたいです。資格講座以外には無いですか?

A

在宅医療はじめてレッスンであれば、在宅医療のレセプトの基本が学んでいただけます。

Q

在宅クリニックでレセプトをしています。ですが、医療事務の知識が無いので戸惑う事が多々あります。何か知識をつけるいい方法はありませんか?

A

医療事務はじめてレッスンでは、レセプト算定の考え方をお伝えしていますので、医療事務の基礎を学んでいただけます。