クリニックの受付には笑顔が必要です。

こんにちは。神原充代です。

最近、本を読む時間をたくさん作っています。

昨夜も、読みたい本があったので、10時に寝室に行って読みふけりました。

今、私が読んでいるのはディズニーランドに関わるもの、ビジネスの話であったり、キャストの思い出を綴ったものであったり、ディズニーランドに関することが書いてある本をいろいろ読んでいます。

なぜ、私が今、ディズニーランドの本にハマってるかというと、やはり、キャストのゲストへの思いがどの本にも書かれていて、納得する事ばかりだし、クリニックもこうなりたいと思うからです。

ディズニーランドは、ゲストが楽しむ為に行く場所。

医療機関は体の調子が悪いから、患者さんはしょうが無しに行く場所。

と、全然違う観点かもしれません。

でも、働く側はどうでしょう?

ディズニーランドも医療機関も、ゲスト・患者さんへの思いは一緒ではないでしょうか!

医療機関で働く私たちは、常に、患者さんに良くなってもらいたい、その一心だと思います。

そして、その思いを患者さんに伝えるべきです。

その第一歩が、受付の笑顔です。

医療機関の受付に、満面の笑みは必要ないかもしれません。

でも、笑顔は必要です。

調子が悪い患者さんの前で、怖い顔を見せると、患者さんは余計に調子が悪くなってしまうから。

クリニックの受付は笑顔が必要ですね!

なぜ、今更こんな事をお伝えするかっていうと、悲しいかな、怖い顔の受付さんがクリニックの受付に立っていたからです。

なんだか、悲しくなりました。