在宅医療事務認定士®とはtest

在宅医療事務認定士®講座が選ばれる理由

在宅医療事務認定士R講座が選ばれる理由1

即戦力として活躍
できます!

在宅医療事務認定士R講座が選ばれる理由2

働きながら資格が
取得できます!

在宅医療事務認定士R講座が選ばれる理由3

実務経験の豊富な
講師が直接指導

こんな方にお勧めです

  • 在宅医療事務として働きたい方
  • 医療事務としてスキルアップのため知識をつけたい方
  • これから在宅医療を始めるクリニックにお勤めの方

在宅医療事務認定士®とは

1947年~1949年に生まれた「団塊の世代」が2025年に後期高齢者となり、これからの超高齢社会を前に、厚生労働省は「時々入院、ほぼ在宅」の方針を打ち出しました。患者さんをクリニックで待つ医療から、患者さんのお宅を訪問する医療への転換が必要です。その役を担うのが地域医療を行うクリニックです。

在宅医療は管理料を算定するのであれば届け出が必要であり、患者さんからも同意書が必要です。また、診療報酬算定も外来診療とは全く異なるものであり、なかなか在宅医療に踏み出せない院長先生も多くいらっしゃいます。医師の右腕となりレセプトを作成し、関係各所との連携が取れる事務がいると在宅医療はスムーズに展開できます。

そこで、一般社団法人 在宅医療事務協会では在宅医療事務のスペシャリストを育成し医師のサポートができる人材を育成しています。在宅医療事務のスペシャリストとして認定された資格が在宅医療事務認定士®です。

在宅医療事務としてレセプトができて患者さん・医師のサポートができる人材はまだ少なく、多くのクリニックが人材を求めています。
就職や転職にも有利な今注目のお仕事です。

在宅医療事務認定士のお仕事は大きく分けて3つ

1. 診療報酬算定・レセプト作成

医師が診察したこと・看護師が訪問看護を行ったこと、処置、管理料などをカルテ記載を元に、
診療報酬として、レセコンや電子カルテに入力し、レセプトを作成します。
診療行為と病名などの誤りがないかチェックします。

2. 関係各所への書類作成・患者さんへの医療費請求

訪問診療を行うなら、患者さんから訪問診療の同意書を取る必要があります。在宅医療は、訪問看護ステーション・保険薬局・ケアマネジャー・歯科など、様々な職種との連携が必要で、その連携に必要なのが書類です。その書類を医師の指示のもと作成するのも在宅医療事務のお仕事です。

また、自己負担は1か月まとめて患者さんに請求するので、患者さんへの医療費の請求、集金業務など、外来業務とは異なる業務もあります。

3. 往診同行

往診同行は別のスタッフが配置されているクリニックもありますが、規模の小さなクリニックでは在宅医療事務が往診に同行して、薬局との打ち合わせ、家族さんの対応、保険証の確認などを行います。

このように在宅医療事務は、外来で患者さんを待つクリニックの受付とは異なるお仕事内容です。在宅医療事務は大変なお仕事と思われるでしょうが、請求業務が月まとめなのでクリニックの受付のようにスピードは求められません。だから、調べながらでも大丈夫!

在宅医療事務は、患者さん、家族さんが快適に療養を進めるためのお手伝いができるやりがいのある素敵なお仕事です。

多くのクリニックに求められるお仕事です

 

初級在宅医療事務認定士試験でよくあるご質問

どんな問題が出るの?

学科試験 50問の選択式です。

試験の合格率は?

約90%です。テキスト持ち込み可ですので、調べながら回答いただけます。

試験対策はどうしているの?

初級在宅医療事務認定士の講座受講の後、勉強した内容を理解し受験に備えて頂ければ大丈夫です

受験資格はありますか?

医療事務基礎テストに合格した人が受講できる、初級在宅医療事務講座の後に初級在宅医療事務認定士の試験があります。

試験はいつ受ければいいですか?

初級在宅医療事務認定士講座終了後、ご自宅に試験をお送りします。決められた日程で受験頂き、返送下さい。合否を判定し、合格の方には合格証をお送りします。

合格者の声

50代 クリニック勤務 女性

働いているクリニックが在宅医療を行っており、パートで働き始めてすぐに実務として仕事をしました。果たして基本が本当に分かっているのか、他のクリニックでも通用するのかいつも不安でした。
今回、認定士の試験を受けとで自信を持てました。院長に報告したところ、これまで以上に算定の相談をされ、私もはっきりと意見を言える関係になってます。これも試験を受けて、自分のスキルを確認できたからです。これからも認定士です、と胸を張って言える仕事をしていくつもりです。

40代 クリニック勤務 女性

クリニックで仕事をしていますが、患者さんが高齢になり、家族さんからの往診依頼も少しずつですが増えてきました。今後、在宅医療に移行することを先生も考えているようですので、在宅医療事務としてお手伝いができるようにと思ったのが受験のきっかです。
試験に合格したことで、在宅医療に移行する患者さん、先生のお手伝いができる自信につながりました。今後、ますます必要となる在宅医療事務に対応できるよう今後も勉強していきたいです。

40代 クリニック勤務 女性

テストの際わからない問題もありましたが、調べる事ができたのでなんとか回答する事ができました。
賞状を頂けてとっても嬉しかったです。

 

 

無料説明会

医療事務に役立つメールマガジン