ノロウイルス簡易検査の算定条件

ノロウイルス簡易検査を算定するには条件があります

ノロウイルス抗原キット『クイックナビ-ノロ』

『適用項目』 ノロウイルス抗原定性

『実施料』  150 点

『判断料』  144点(免疫学的検査判断料)

『留意事項』 「21」のノロウイルス抗原定性は、以下のいずれかに該当する患者について、
当該ウイルス感染症が疑われる場合に算定します

ア、 3 歳未満の患者

イ、65 歳以上の患者

ウ、悪性腫瘍の診断が確定している患者

エ、臓器移植後の患者

オ、抗悪性腫瘍剤、免疫抑制剤、又は免疫抑制効果のある薬剤を投与中の患者

主な症状は下痢、嘔吐、嘔気、腹痛で、その症状は数日続きます。 また、患者の糞便中へのノロウイルスの排泄は発症とともに始まり約2 週間続くため、糞便による2次感染が起こり易く、施設内感染、院内感 染の報告も多くあります。ノロウイルスの確定診断は感染拡大を予防す るきっかけとなります

ノロウイル検査、誰でも保険で出来ない事認識してくださいね。

神原充代