初級 在宅医療事務認定士® 講座について-test

現場で使える在宅医療の基礎知識が身に付きます

現場で使える在宅医療の基礎知識が身に付きます一般社団法人 在宅医療事務協会は、すでに在宅医療事務の仕事をされている方、これから手に職を付けたい方、実務経験がある方・ない方それぞれに合わせた指導とプロセスで在宅医療事務資格の取得をサポートしています。

資格を取った後、実際に仕事ができるか心配、働く場所が見つかるか心配、自分にできるか不安といった声を解消するため、ご相談の上、スキルに合わせた実務経験ができる場の提供なども取り組んでいます。

講座は、現場目線で実際に必要とされる内容をわかりやすく説明。これから始める方が、いざ職場に出ても困らない基礎知識を身に付ける事ができます。すでに在宅医療事務をしている方も、今の知識で合っているのか確認したい、自信をつけたい、もっとスムーズにできるようにスキルアップしたい、後輩に教える立場になったなどの目的で受講する方もたくさんいます。

在宅医療の現状

実践で使える在宅医療レセプトスキルとは?

在宅医療・訪問診療の算定は、外来と全く異なり、外来の知識があってもすぐにできるものではありません。勉強を重ねてスキルを付ける必要があります。つまり、外来と在宅両方の知識が必要になります。在宅医療ができる医療事務員はまだまだ少数で、少子高齢化に伴いますます在宅医療が増えていく中 『在宅医療事務認定士®』の資格を持った人材が必要とされています。

『在宅医療事務認定士®』講座では、点数の付け方を学ぶだけではなく、診療の内容を把握し、クリニックに合った算定方法の仕組みを理解して点数に結びつけるスキルが得られます。実践で迷わない、現場で使える知識の取得を目標としています。

在宅医療事務のお仕事

  • 在宅医療(訪問診療)に関わる診療報酬算定、事務的すべての業務
  • 訪問診療に関わる書類作成
  • 患者さんへの医療費請求
  • 往診同行

在宅医療協会が選ばれる理由

  • スタッフ全員現場経験がありサポートできる
  • 試験は在宅でOK
  • 点数計算でなく診療の内容を把握して点数に結びつけるクリニックに合った算定の方法が学べる
  • 現場では教えてもらえない事が学べる

合格者の声

合格者の声入社後に初級在宅医療事務認定士®受講の機会を頂き講座に参加いたしました。医療事務の仕事には数年のブランクがあり、受講前は少々不安に思いましたが、いざ始まると先生の説明がとても分かりやすく、実務に即した内容を交えながら説明して下さり、一日がかりの講座が楽しくあっという間の時間でした。また、医療事務に携っている様々な立場の受講参加者のお話も伺うことができ、とても刺激を受け、充実した時間を過ごす事ができました。受講後、試験に合格し、とても嬉しいのと同時に今までよりも業務に自信を持って取り組めるようになりました。


初級 在宅医療事務認定士®資格取得の流れ

医療事務基礎テスト

在宅医療事務を目指す方が、医療事務の基礎が身についているかどうか確認していただくためのテストです。
在宅医療事務認定士®を受講される方は、このテストの合格が必須条件となります。

医療事務基礎テスト申込み(受験料2,200円税込

初級 在宅医療事務認定士®講座

4時間の講座です。日曜日の1日コースと平日晩の2回コースがあります。

初級 在宅医療事務認定士®講座の受講 (受講料44,000円税込)
使用教材(2,750円税込)

初級 在宅医療事務認定士® 講座

日程:2023年2月14/16日 19:00~21:00
夜間2日コース通学&オンライン

詳細はこちら

日程:2023年3月26日 13:00~17:00
日曜1日コース通学&オンライン

詳細はこちら


初級 在宅医療事務認定士® 認定テスト

初級 在宅医療事務認定士®講座終了後に認定テストを受験していただきます。
在宅医療事務として求められる基礎能力を備えていることを証明する資格です。合格された方には認定証をお送りします。

※受験料は初級 在宅医療事務認定士®講座に含まれます。

初級在宅医療事務認定士®
お問合せ・資料請求
Q&Aはこちら

サポート体制

  • 無料再試験制度あり(受験費用は1回のみ無料)
  • 講座に関する質問をメールで受付

サポートスタッフからのメッセージ

在宅医療協会スタッフ

皆様の疑問にお答えし、算定方法をお知らせするだけでなく、実務経験を生かし現場に沿った方法を柔軟にご提案させていただきます。

常に情報収集して、正確な算定方法をお伝えし、問題、不安を解消できるようにさせていただきます。

代表理事よりごあいさつ

一般社団法人在宅医療事務協会代表理事
在宅レセプト代行株式会社スマイル代表取締役 
神原 充代

クリニックでは、患者を待つ医療から医師が出向く医療に変わりつつあります。
そんな中、医療事務に求められるのは在宅医療・訪問診療のレセプトが作成できる人材です。
在宅医療のレセプトが算定できる人材はまだまだ少数で、貴重な人材であると考えるクリニックが多数ですので、働く場はたくさんありますし、やりがいのあるずっと続けられるお仕事です。ぜひ、医師のサポート役として、患者さんの為に地域に貢献できる在宅医療事務を目指してください。


医療事務基礎テストはこちら

初級在宅医療事務認定士®を受講される方は、このテストの合格が必須条件となります