症状詳記の書き方

症状詳記の書き方は、簡潔で読みやすいものが望ましいです

1、症状の経過

2、検査の理由

3、具体的な治療内容やその必要性(データを入れる)

患者の全体像が容易にに把握できるように記載します。

以前こんな事を言われた医療機関がありました。

「レセプトはお手紙ではありません」

確かに症状詳記は必要です。

しかし、たくさん書けばよいと言うものではありません。