血液検査セットのCRP定量は要注意

血液検査セットのCRPは要注意です。

初診時のスクリーニング検査として画一的にCRP定量が行われていると査定対象です。

やはり「炎症性疾患」病名が必要です。