血液検査セットのCRP定量は要注意

血液検査セットのCRP定量は要注意です。

初診時のスクリーニング検査、慢性疾患患者の定期検査など、セット検査の中にCRP定量が入っている場合を多くみかけます。

CRP定量は、

・細菌・ウイルス感染症
・リウマチ熱
・関節リウマチ
・心筋梗塞 等

C-リアクティブプロテインというたんぱく質で、体内で炎症が起きたり組織細胞に障害が起こるとこのたんぱく質が増えていきます。
炎症状態の経過を見るには重要な検査です。

なので、炎症疾患が疑われない場合は査定になる場合があります。